段となるえにしの先のその光未だ眩しく焦がれるばかり

広告