Posts from the ‘31:狂歌’ Category

応じては

時は皆等しく在りて人のもの使う都合もまた人のもの

広告

切りあがり

苦も楽も頃合があっての妙となる惰性の中では何処に行くか

常景

何処にでもいつも通りのから騒ぎ旗振る人の歳だけ違い

果てて果て

くだまいて昔の虚勢忘れ果て己が嗤う闇夜に乗じ

無理筋

業故に思惑支度もあるけれどその針の穴所詮は狭く

始末家

泥飛沫被らぬ様に囃し立て己の礫もついでに混ぜて

習い倣い

塩砂糖甘い辛いは匙加減小手先だけではこつにはならず