つむがれ

指先が掴んだものは総て縁

広告

ひと手間

伝統も磨けば光り槍となり

多々多様

浮かぶ瀬も渡る瀬もあり人の波

散花石

流行り廃りも

埋もれてみれば

後の誰かが

物を云い

一重八重

散るも開くも

浮世の恒よ

いたづら手折りが

無い内は

すましや

余りの静か油も聞こえ

同列阿房

賢しら囃子は誰が為に