からて

ただ濡れて空掴み

広告

刻印

それぞれの見送る日々に差異あれど白黒なくてただ学びあり

くるりくる

淡々と明日の義理が今日の糧

きざす

手の中のただ一本に萌えを見て

応じては

時は皆等しく在りて人のもの使う都合もまた人のもの

一掬

すくわねばみのりなし

互換性

言葉変えても

通じぬものは

想いの芯も

無かったり