過剰韜晦

己が義を仮想となさば藪の中

広告

しんねり

柔らかき竹は折れるを知らずして

ほくち

狼煙上げ後の始末は世に任せ

せんのうちそと

嘘は世につれ後出しじゃんけん

おのがさび

世に倣うその侘しさの訝しさ

自覚

少しは進む己事故

すえ

独り迷うは

その匙加減

行き着く先が

己でも